« ドイツカボ社 最新式歯科用CTを導入しようと思った訳 | メイン | 歯科用CTで分かるようになること »

歯科用CTの撮影範囲

ドイツカボ社 最新式歯科用CTの特徴

圧迫感のないコンパクトなボディサイズ
世界最小クラスの被曝線量
広範囲撮影
子どもモード撮影


kaboooooooooo2.jpg


歯科用CTの撮影範囲にこだわった訳


あべ歯科クリニックに導入したドイツカボ社製最新歯科用CTは
最大23cm×17cmもの広範囲撮影が可能です。


従来の歯科用CTは撮影範囲が狭く、何回も撮影をする必要がありましたが
1回の撮影で非常に多くの情報を得ることが出来るのです。

1口腔単位での診断には全顎での撮影が最適です。
上あご、下あごだけではなく、顎関節はもちろん鼻腔、副鼻腔、舌骨、気道までの診断が可能です。

歯科医であり、口腔医でありたいという思いの表れでもあります。

コメントを投稿

大分ホームページ作成制作F大分市歯科検索上位