« 歯科用CTの撮影範囲 | メイン | CT撮影で分かるようになること Vol,1 »

歯科用CTで分かるようになること

歯科用CT撮影で分かるようになること


日本の歯科医院での歯科用CTの普及率は未だ2%以下といわれています。


CTは歯科診断のなかで勘と経験に頼らざるをえなかった分野を
一気に塗り替えてしまうかも知れないほどの診断機器です。


例えるならラジオとテレビ程の情報量の差とでもいえるでしょう。


見えなかったものが見えることを経験して、
もしくは知っているのに元の状態には戻れません。


ctgazoooooooooooo.jpg


もし被曝線量が心配なのであれば、医科用CTの約1/10以下、
歯科用CTでも世界最小クラスの被曝線量である
あべ歯科クリニックの歯科用CTであれば安心です。

コメントを投稿

大分ホームページ作成制作F大分市歯科検索上位