大分で歯科・小児歯科・インプラント治療・審美歯科はお任せください


如何に他の治療と比べてインプラントが優っているかをまとめてみました。
比べていただき、治療の際の参考にしていただければ幸いです。

治療方法 長所 短所
インプラント ・害あれど長所なし ・咀嚼ができない
・対合歯が飛び出し隣の歯が傾いてくる
・食べ物が詰まりやすく、 虫歯や歯周病になりやすい
・顎や顔がゆがみ、 顎関節症になりやすい
インプラント

・歯を削らなくてすむ
・簡単に作り直しや修理ができる

・慣れるのに時間と努力がいる
・針金がかかった歯に負担がかかり歯の寿命が短くなる
・取り外す必要がある
・粘着性の食べ物は噛み難い
・噛む力は天然歯の1/3
・落としたりすると義歯が割れる

インプラント ・違和感がない
・固定式で安定性がある
・審美性は回復される
・ブリッジの支えとなる歯に負担がかかり歯の寿命が短くなる
・支台歯を作るために健康な歯でも削る必要がある
・まれにアレルギーが起こる
・噛む力は天然歯の1/2
インプラント ・噛み合わせを支える歯が元のように増えて、周りの歯に負担がかからないので残っている歯の寿命を延ばす
・残っている健康な歯を削らなくてすむ
・噛む力は天然歯とほぼ同じ
・機能的にも精神的にも天然歯とほぼ同じような充実感が得られる

・骨のないところにはインプラントは植立できない
・顎の骨や歯肉に対しての手術が必要
・インプラント周囲に炎症が起こることがある
・ごくまれにアレルギーが起こる
・硬いものを噛みすぎたり、歯ぎしりなどがある人はインプラントを支えている骨が壊れることがある


インプラントに対する、良くあるお問い合わせを載せております。
質問事項がある方はこちらからお問合せ下さい。

歯科ライン
 歯科インプラントの手術の手順は?検査は?
 歯科まず、顎の骨の状態や身体に病気がないかどうかの検査を行います。
   検査の結果異常がなければ手術を実施します。インプラントを植えて3〜6ヶ月たって、
   インプラントが骨と充分くっついてから歯の支台装置を装着して人口の歯を被せます。

歯科ライン

 歯科歯が抜けた場合の最も適した治療法はインプラントですか?
 歯科その通りです。インプラントの治療では無くなって歯に加わっていた力を、
   残っている天然歯で支える必要が無いので残っている自分の歯に過度の力が加わりません。
   これによりのこっている歯を長く持たせる効果があります。

歯科ライン

 歯科年齢制限はありますか?
 歯科骨が成長した20歳くらいからインプラントを埋め込むことが可能です。
   高齢者の方は当院にご相談下さい。

歯科ライン

 歯科治療期間中、歯はないのですか?
 歯科仮の歯を作る場合と不可能な場合があります。
   治療相談の時点で判断させていただきます。

歯科ライン

 歯科手術は痛いのですか?腫れますか?
 歯科インプラント手術は痛くありません。
   但し、顎の骨が無い人などは骨を作る手術や、歯肉の整形の必要な場合があります。

歯科ライン

 歯科インプラントはどのくらい持ちますか?
 歯科本人の口腔衛生管理や生活習慣に加えて身体の状態によって
   機能する期間が異なりますので一概には申し上げられません。

歯科ライン

 歯科インプラントの費用はいくらですか?
 歯科あごの状態、手術法の選択で変わりますのでまずはお問合せ下さい。

歯科ライン